リソース グループ名の大文字・小文字について

Last Update: feedback 共有

こんにちは、Azure テクニカル サポート チームの富田です。
今回は、お問い合わせいただくことの多い、リソース グループ名の大文字・小文字についてとなります。

小文字でリソース グループ名を作成したのに Azure ポータル上では大文字で表示されるといったような、
お問い合わせいただくことがございます。
例としては下記のような表示となります。

作成したリソース グループ名 Azure ポータル上で表示されるリソース グループ名
rgname RGNAME
RGNAME rgname
Rgname RGNAME
Rgname rgname

結論から申し上げますと、これは現行の Azure においては想定される仕様の範囲内の動作であり、
残念ながら、現時点では回避策のご用意がございません。
ただし、本動作によって、Azure をお使い頂く上で問題が発生するものではございませんのでご安心ください。

まず次のドキュメントにも記載がございますとおり、リソース グループにおいては
そのリソース名の大文字と小文字は区別されないものとなっております。

参照: Azure リソースの名前付け規則と制限事項
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-resource-manager/management/resource-name-rules

=====抜粋=====
「有効な文字」列に特に明記されていない限り、リソース名では大文字と小文字は区別されません。
============

したがいまして、リソース グループ名に大文字・小文字が混在している状態でありましても、
Azure の動作に影響を及ぼすものではございません。
上述の例を参考にしますと、

  • rgname
  • RGNAME
  • Rgname

これら3つの表記は区別されず同じリソース グループとして扱われることとなります。
Azure Powershell や Azure CLI のコマンドパラメータとしてリソースグループ名をご指定いただく際にも、
大文字・小文字が異なることへの配慮は不要でございます。

また、 Azure ポータルでのリソース グループ名の表示において、大文字・小文字の名称が混在する
状況についても現行のAzureにおいて仕様となっております。

仕様についてご意見やご要望がございます場合には、お手数ですが
下記のフィードバックサイト、もしくは Azure ポータル右上のフィードバックより、ご要望をご投稿いただけますと幸いです。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。